海外旅行 レンタカー


海外旅行とレンタカー

レンタカー

海外旅行や海外出張では、
レンタカーを使いますと行動半径が
広がりまして、観光で
いろいろな場所を回れます。
レンタカーで、観光を楽しめますのは、 もちろん、
ビジネスにおいても、何かと
役に立つシーンがあるかと思われます。


レンタカー使用のメリット

レンタカーがを使用することで、
海外旅行先での行動範囲が予想以上に広くなります。

例えば、海外リゾートに行って、移動が、もっぱらタクシーとしましょう。
場所によっては、乗車を頼んだ時間にタクシーが来なかったり、
タクシーのエアコンが、壊れてたり、とか不快な思いをする
こともあるかも知れません。

ところが、レンタカーなら大丈夫ですね。

お昼にちょっとマックへドライブスルーとか・・・。

また、現地の人しかわからないような、
プライベートビーチのような静かなビーチへも
タクシーで来るのは難しいですね。
降ろしてもらっても、帰りの車が絶対につかまえられませんから。。

海外リゾート

タクシーの場合は運転手に任せておけばOKですが、
レンタカーは自分で地図を何度も頭に叩き込みながら走ります。
(カーナビが付いてれば別でしょうが・・・。)

そのことにより、主要な幹線も覚えられるし、
自然と土地勘が身につきますので、
その土地を皮膚感覚で理解することができます。

それにより、あなたの海外旅行の思い出は、タクシーや
公共の交通機関で移動するより、あなたの記憶に、鮮明に残るのです。

このページでは、レンタカーについて
情報を載せてみました。

海外旅行では、、レンタカーを借りて見ましょう!!

ただ、イギリスや、旧イギリス領や英連邦の国は、左側通行ですが、
その他の国は、右側通行が、ほとんどですので、右側運転が、
初めての人は気をつけてくださいね。


レンタカーの予約について

● レンタカーのレンタルに必要なもの

・ 取得後1年以上経過している日本の運転免許証
・ 国際運転免許証
・ 国際ブランド付クレジットカード(VISAやMASTER CARD)


● 最低利用年齢

・ 渡航先やレンタカー会社によって
  規制が異なりますが基本は25歳以上。

  ※25歳未満の場合は、ヤングドライバー料金がかかる場合があります。


● 申込時の申請項目

・ レンタカー利用者の住所、氏名、年齢、電話番号
・ 借り出し予定日時・場所、返却予定日時・返却場所
・ 空港到着時に借りる場合は、利用航空会社名、
  到着便名、到着時刻、宿泊先
・ 希望車種


チェックアウト(車を借りること)の仕方

① 旅行地の到着空港・駅などにある


レンタカー会社の営業カウンターへ移動します。


到着ターミナル内の出口近くにレンタカーカウンターが、
並んだコーナーがある場合が多いですが、ない場合は、
ターミナルと営業カウンターを結ぶ巡回シャトルバスを利用します。

営業カウンター

② カウンターで手続きをします。


★ 予約済みの場合
日本で受領した予約確認書、パスポート、日本の運転免許証、
国際運転免許証、クレジットカードを提示すれば簡単に手続きが
済みますので、日本から出国する前に、あらかじめ予約をしておきましょう。


※任意保険、ガソリン前払いオプション、
車両のアップグレードなどの追加オーダーも可能です。


★ 予約なしの場合
身分証明書を提示して、直接カウンターで料金・車種を交渉します。

③ レンタカーの手続きが完了後

レンタカーの手続完了後、キーを受け取り、指定された車を確認します。
※指定された駐車場番号に整備された車が準備されています。
※車を出発させる前に必ず車体にキズ等がないかチェックしましょう!


チェックイン(車を返却する)の仕方

① ガソリンは前払いしましょう。
  オプション契約をしていない場合は、ガソリンを満タンにします。

※ガソリンは、返却時清算も可能ですが、割高になる場合がほとんどです。


② 「RETURN」と表示された返却用駐車場に車を停め、キーを挿したまま、
   契約書ホルダーを係り員に渡します。

返却用駐車場

③ 日本からの契約やクレジットカード払いやの場合は、
  係り員が伝票を打ち出して返却完了です。


④ 駐車場が空港ターミナルと離れている場合は、
  専用シャトルに乗ってターミナルに向かいます。


レンタカー保険について

レンタカー保険については、主に以下のような種類がありますが、
自動車損害賠償保険以外は任意保険となりますので、
必要に応じて加入しましょう。


● 自動車損害賠償保険(LP)

・ 強制保険にあたり、レンタル契約時に自動加入します。
  運転中の事故により負傷した相手の治療費(対人)、建造物や相手の
  車両を壊した場合の修繕費(対物)などの一部を補償します。


アメリカなどでは補償額が少ない場合があるので、
下記のSLI/ALI追加加入が安心です。


● 追加自動車損害賠償保険(SLI/ALI)

・ アメリカ、ハワイ、グアム、サイパンなど強制保険の補償額が
  少ない国や地域で提供。加入することにより、対人・対物の
  補償限度額を引き上げます。

自動車損害賠償保険

● 車両損害補償制度(LDW/CDW/AER)

・ 契約者の損害負担を免除する制度でして、盗難、破損などによって
  レンタルした車両に損害が及んだときに適用されます。
  ただしCDW(ヨーロッパ)は破損のみの補償となるので、
  下記のTP(車両盗難保険)への追加加入が安心です。


● 車両盗難保険(TP)

・ レンタカーが盗難されたとき、
  また盗難未遂による破損を受けたときの損害を補償します。


● 搭乗者傷害保険(PAI)

・ 運転者を含め、搭乗者全員が対象となる傷害保険。
  事故によって死亡、負傷した際に規定の金額が支払われます。


● 携行品保険(PEC/PEP)

・ 車内の所持品(現金、有価証券などを除く)の盗難、
  破損による損害を補償。


おもな海外のレンタカー会社

おもな海外のレンタカー会社は、見易いように 別のページに作りました。

↓↓↓↓↓ この画像をクリックしますと見れます。 ↓↓↓↓↓





海外旅行保険について のページへ













海外用モバイルデータ
通信レンタルサービス

海外格安航空券の検索・予約


  • 海外航空券予約は、早くて便利な完全オンライン予約システムで!

格安ビジネスクラス
特集~YAZIKITA(ヤジキタ)

海外旅行お役立ち情報

必見!!
為替手数料が安くなる裏技

アメリカ旅行には、
       ドル決済カードを!

【旅の指さし会話帳】

地域 と 国名

アジア

欧 米

オセアニア

リンク集

お知らせ

全国の国際運転免許証
(国外運転免許証)
申請 取得場所